Home > 家族会について

家族会について

兵庫県では1970年代中ごろから、病院や保健所が開いた家族の 学習会がもとになって家族会がつくられはじめ、ここから各地域に 活動を広げる家族会がふえ、偏見と差別の強い中で努力を積み 重ねてきました。ほとんどの地域家族会は作業所の運営をして、 作業所と一体になって活動し発展してきました。
その後、家族会以外にもいろいろな設立母体が作業所を立ち上げ、 精神障害者のための社会資源が増えてきました。
2005年ごろより作業所など施設を運営する各団体の法人化が進み、 家族会は施設の運営から徐々に離れ、家族自身のための家族会という 形を鮮明にしましたが、それまで育ててきた施設を運営する法人との 連携は現在も緊密に保たれています。

家族会の活動

家族会について

集まって話し合うことによって、悩んでいる多くの家族がいることを知り、自分の話が聞いてもらえるという体験から癒されます。行事やレクレーションを通じて相互の理解、親睦を深め、経験を深めて元気をもらいます。お互いに知識やさまざまな情報を交換し、困っていることについて実際的な対処方法が得られます。

病気そのもの、薬や治療、リハビリあるいは施設などの社会資源、そのほか社会福祉制度、法制度などあらゆる方面にわたって学習します。学習の機会は定例会、家族教室、学習会や研修会、講演会やフォーラム、見学会などです。単なる聞き役としての参加ではなく、家族も発言しながら学べる機会が多くあります。

医療や制度や施策などを良くしてほしい、改めてほしいという要望の提出、陳情、提言、公の委員会等への参画、署名運動、会誌の発行などの啓発・広報活動、家族相談の実施など。家族の発言は地域で重要な位置をしめるようになってきました。

家族会の一覧

兵家連入会のご案内

兵家連電話相談

兵家連会誌

関連施設の紹介

お役立ちリンク集

運営事務局

TOPへ戻る

〒651-0062
神戸市中央区坂口通2丁目1-1
兵庫県福祉センター6F
TEL: 078-891-3871
FAX: 078-891-3872
e-mail: contact@hyokaren.or.jp